原因調査

Sponsored Link

はこんばんちわー
夜ご飯は腹5分の方が
いいのではないかと
最近思っているSUNAOです。

今日は、以前話をした
消防士の8割は嫌いな
原因調査について少し詳しく話をしますね。

原因調査以前に
火事のあとに何をするのか
知らない人はコチラ!
火事のあとにやること2つ

消防職員以外は
この記事をよんでも
なにも勉強にならないので即、
鬼滅の刃を漫画で読んで下さい
↑(あたりが強い)

さっそく書いていきます

原因調査の目的

予防

発生した火事は
なにが原因で発生したかを
調査し、今後同じ火災を
少しでも予防できるように書類作成する。

統計

全国的に
建物火災、車両火災、林野火災
その他火災等、火災でも種類があります。

それぞれの火災が
何件あるかを調査するためにやるだけです。

この2つだけです。
書類作成する人やチェックする人で
正直内容も大きく変わってきます。

前の上司の時はこれでいけたのに、
今回の上司だとこの書類ではいけない
と言われることが多々あります。

消防職員なら
この気持ちは凄く理解してくれるとおもいます。

僕は火災書類の中で
1番簡単な図面しか
やったことがないのでわかりませんが、
目的にあったシンプルな書類でよいと思います。

無駄に詳しく書こうとして、
時間をかけてなんの意味がありますか?

自己満足はそろそろやめましょう。
次の火災がいつ起きるのかわからないので、
はやめに書類は終わらせて
次の現場に行ける準備が大切です。

3つの書類が重要

原因調査の書類で
この3つがかなり重要
になってくるので説明します。

何故かというと、
それぞれの方向性を一致させて
はじめて原因がわかってくるためです。

なので原因調査にいく隊員で
やる前から方向性を決めておかないと、
ばらばらの目的で作った書類になります。

そうなると結局
原因がどこだったのか
見つけるのに苦労します。

なので
方向性は必ず、きめていたほうが
簡単に書類作成できます。

例 寝室の寝タバコが原因とわかっていたら
それに到達できる情報を見聞きし書類作成する

①消火活動状況書

出動~消火するまでの状況を記載
なので火災指令がはいって出動した時から
原因調査ははじまってます。

煙をどこで発見したか?
逃げ遅れはいるのか?
現場到着した時に
どこから煙や火がでていたか。
どこに1番に放水して、
その後どうだったのか等を書いていきます。


そこで先程、例にあげた寝室の部屋から
火がみえた事や他の部屋から火がでてなかった
みたいな感じで、
ゴールである寝室の寝タバコに迎えるように作成

②実況見聞書

消火活動が終わった後の現場をみて、
みたままの状況を書いていきます。

まずは外観をみて、
4方向どこの壁が1番燃えているか
見比べます。

そこから中にはいって、
燃えてない部屋から順番にみていきます。

各部屋の4方向+天井、床を見聞
これを順番にみていって、
火の方向性を確認し
最後は1番燃えの強い寝室までたどりつかせます。

書き方はひとそれぞれで
原因の部屋である寝室から書く人もいます

③質問調書

通報者

どこで火災を発見?
何時ぐらいにどうやって通報したか?
発見した時の煙や火の状況?
どこの部屋がもえていたか?
消防車が来るまでの間、状況はどう変わったか?
不審者はいなかったか?etc.

初期消火者

どこで火災を発見?
消火器具はなにを使用して
どこの部屋にかけたか?
消火した後はどうなったか?

消防車が来るまでの間、状況はどう変わったか?
不審者はいなかったか?etc.

原因者

どこで火災と気づいたか?
なにをしていて火事になったか?
どこの部屋が火事になったか?
どこの部屋が1番に燃えていたか?
火災が発生した後、なにをしたか? etc.

質問調査は各々のやり方があると思いますが
方向性は同じにもっていけるように
誘導尋問せずに上手に聞いてあげて下さい。

写真

写真は実況見聞を書く人と
よく打ち合わせをして
どの場所の写真が必要か聞いた上で
確実に撮るように。

文章で全部書けたらいいのですが、
写真をのせることで
簡単に書類がかけるようになるので写真も大切。

各部屋4方向+天井、床
できたら2面うつるように
広範囲を意識して撮ること。

近い写真をとる人がいるので
その職員はとりあえず、クビにして下さい!笑

写真は大きな証拠になるので大切!!

その日しか撮れないので
漏れがないようにして下さい。

図面

正直よくわかってないので
皆さん調べて下さい!笑

写真と一緒で図面を書いて、
収容物を記載することで
文章を伝わりやすくするためです。

燃えた面積とかも
必要になってくるので
確実に計測してやって下さい!

ざっーとこんな感じです!
簡単にシンプルに書いていきましょう!

というか、
マニアックに僕が調べていけてない
だけなんですけどね!!笑

マニアックに教えてくれる上司がいたら
うまく利用して情報得ることは大切です!!

まー皆さん火災書類を書かないと
書けないのでやっていきましょう!!

年数がたって
僕かけません言うてたら
だれも後輩はついてきませんよ!!

失敗を恐れず、前だけみて進んでいきましょう。

あー長文書いたー
俺凄いわーまじで凄いわー

皆さん最後までみてくれて
ありがとうございました。

またためになる記事を
書いていきますので御願いします!

GINJIのSNS

GINJIのTwitter 

GINJIのInstagram 

GINJIのYouTube

Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。